親知らずが気になる方へ

親知らずが気になる方へ

東京都杉並区の上井草駅から徒歩3分の歯医者「山根歯科医院」では、親知らずの治療をはじめとした口腔外科処置にも対応しています。「口が開かなくなった」「奥歯が痛い」「顎が痛い」などの症状がある方は、すぐにご来院ください。

口腔外科とは?

口腔外科とは、お口全体を対象とした外科治療をともなう医療分野のことです。歯や歯ぐきだけでなく、舌や頬の粘膜、顎の骨や関節、喉の痛みや炎症、外傷などの症状も口腔外科の治療範囲になります。

チーム医療で治療をサポート

当院では、大学病院の口腔外科に勤務する歯科医師と連携を取りながら治療を進めています。親知らずの抜歯や顎関節症の治療など、各治療分野のエキスパートがさまざまな症例に対応します。チーム一丸となり、最適で安全な治療をご提案していますので、治療に関して何か不安なことがあれば、当院までお気軽にお問い合わせください。

医師名 口腔外科医
天沢 逸帆
略歴 日本大学歯学部付属歯科病院
口腔外科学教室 所属

親知らずについて

親知らずについて

永久歯が生えそろったあと、奥歯のさらに奥に生えてくる親知らずは、曲がったり横を向いたりして生えてくることが多く、さまざまなトラブルを引き起こします。親知らずが周囲の歯を押して歯並びを乱したり、歯ぐきや口腔粘膜に炎症を起こしたりする原因になることもあります。

親知らずは必ず抜くわけではありません

親知らずは、生え方や形によっては抜歯をする必要がない場合もあります。以下に、抜歯が必要な場合とそうでない場合をご紹介します。

抜歯が必要な場合 抜歯が必要ではない場合
  • 正しい向きで生えていないため、周囲の歯を圧迫している
  • 親知らずが虫歯や歯周病になっている
  • 強い痛みを感じる
  • 真っすぐに生えている
  • ブラッシングができていて、虫歯や歯周病ではない
  • 痛みを感じない
  • 歯ぐきの中に埋まっている

PICK UP!抜歯時の注意点

抜歯をした時の注意点をご紹介します。治療が終わって7~10日程度経っても、患部に違和感がある場合は歯科医師に相談しましょう。

  • 注意1
    治療当日の飲酒や入浴は血行をよくしてしまうので控えましょう。
  • 注意2
    治療後に患部が腫れてしまう場合があるので、必ず処方された薬を飲むようにしてください。
  • 注意3
    治療時は麻酔を使用するので、麻酔が切れるまでは食事などを避けてください。
  • 注意4
    抜歯後は、硬い物や唐辛子などが入った刺激が強い食事をとることは避けましょう。
診療予約はこちらから